ふるさと納税を活用|節税をして上手に暮らそう|医師におすすめの方法もある

節税をして上手に暮らそう|医師におすすめの方法もある

ふるさと納税を活用

田舎

最近話題になっているふるさと納税ですが、どのような仕組みとなっているかいまいちわからない、という方も多いのではないでしょうか。今一度おさらいしてみましょう。ふるさと納税とは、自分が選んだ地域に寄付ができるというものです。都道府県単位だったり、市区町村単位だったりと寄付できる箇所も様々です。ふるさと納税で寄付をすると、その地域から特産品などを返礼としてもらえるということは多く知られているかと思います。ほかにも、ふるさと納税を活用すると税金が控除されるということはご存知でしょうか。特に医師は、ふるさと納税を活用すると節税にもなるということで注目を集めています。医師などの個人が寄付する場合、現在住んでいる住民税のおよそ2割の金額を目安に控除されるという仕組みです。確定申告時に所得税や住民税からの控除となります。寄付金の金額が控除されるというわけではないので注意しましょう。また、寄付できる金額も収入によって決まっていますので、こちらも注意しましょう。

ふるさと納税のメリットは、クレジット決済に対応している地域もあるので、忙しい医師でも利用しやすいという点です。銀行に行って振り込みをする時間を割くこともないので、手間がかかりません。また、ポイント制を採用している地域もあり、ポイントと交換で特産品などの商品をもらえるという流れになっています。寄付金を一度ポイントに変えて、年末までに使い切れない場合は来年に持ち越すということもできます。そのため、最近では医師の間でも節税対策として利用する人が増えています。ふるさと納税を活用すると、節税対策になるだけではなく、その地域の特産品などももらうことができます。忙しい医師でも、その土地の特産品を楽しむことで旅行に行った気分を味わえるかもしれません。楽しみながら節税ができるふるさと納税をぜひ検討してみましょう。