特産品を楽しむ|節税をして上手に暮らそう|医師におすすめの方法もある

節税をして上手に暮らそう|医師におすすめの方法もある

特産品を楽しむ

食材

ふるさと納税を利用する人の楽しみと言えば、寄付金に対する返礼のグルメや特典です。その地域の特産品である野菜や肉・魚介類、フルーツなどが自宅で楽しむことができます。グルメな人は、どのような返礼品をもらえるかというところに注目してふるさと納税を納める地域を決めるという場合もあるようです。寄付する側もグルメを楽しむことができ、寄付される側の自治体も嬉しいというふるさと納税は、年々利用する人が増えています。ほかにも、節税になるというメリットに注目して利用する人もいます。ふるさと納税は、個人の年収に合わせて限度額が決まります。そのため、この限度額より多い金額を納めても、節税にはならないので注意しましょう。そして、限度額と同時に最低金額も設定されています。2,000円以上の寄付金からと設定されていて、それ以上の金額ですと節税の対象となります。寄付金のおよそ2割を引いた金額が税金から控除されるという流れになっています。

ふるさと納税で節税対策をしようと考えていても、逆に節税にならないということもあります。それは、納めている税金の額が少ない場合です。所得税や住民税を多く支払っている医師などは、節税対策としてとても良いのですが、少ない場合は損をすることもあります。所得税と住民税から控除される仕組みなので、多く支払っている医師などの職種の人たちには節税対策として利用する人が多くみられます。ほかにも、ワンストップ特例制度申請書を使用して所定の手続きをすると、確定申告をせずに住民税から控除されるということも可能です。この制度を利用したい場合は、条件に該当するかということを確認し、自治体に問い合わせてみましょう。各地域のグルメを楽しみながら節税対策もできるので、楽しみながらふるさと納税を利用してみましょう。